バンズとのコラボ車

20140730-081717-29837455.jpg

フィアットが、スケートボーダーやサーファーに人気の世界的シューズブランド「VANS(バンズ)」とコラボした「500L」のコンセプトカー、「バンズ・コンセプト」をお披露目したので、ご紹介しよう。
500Lバンズ・コンセプトは米カリフォルニア州ハンティントンビーチで7月26日に開幕した「2014 VANS USオープン・オブ・サーフィン」のために企画されたもので、”ビーチライフの演出”がテーマ。外観でまず目を引くのが、フロントグリルの中央に並んだ4個のLEDドライビングランプだ。その下の2個のフォグライトと合わせて、サーフィンを終えた後、夜になるまでビーチでパーティーを続けるのにもってこいの装備だ。同社の広報担当者はAutoblogの取材に対し、「丸いLEDのドライビングランプを採用することにより、サーファーたちの目的意識と、冒険心をくすぐるようなコンセプトカーにしています」とEメールで回答してくれた。

4個のライトも印象的だが、バンズ・コンセプトはボディカラーでも存在感をアピールしている。底部はダークブルーで縁どられ、ボディの主だった部分にはホワイト。フードやサイドミラー、ドアの上部は鮮やかなブルーで彩られている。また、バンズおなじみの市松模様にデザインされたルーフには、サーフボード2枚とその他のギアが積めるラックがついている。

インテリアはさらにバンズらしさにあふれている。ダッシュボードは歴代のブランドロゴが入ったステッカーでデザインされ、シートはバンズのシューズを思わせるキャンバス地製。ペダル部分や前面の収納ポケットに、これまたバンズ伝統の靴底、ワッフルソールを思わせる凸凹のテクスチャーが施されるといった徹底ぶり。

ただ、このコンセプトカーは、スピードよりスタイル重視のようだ。フィアット広報担当者のアンジェラ・ビアンキ氏によると、ドライブトレインは最高出力160hpターボチャージャー付き1.4リッター4気筒エンジンで、トランスミッションは6速MT。つまり市販の500Lと変わらないということだ。8月3日まで開催されている同イベントでは、このコンセプトカーのほか、フィアット「500 アバルト・カブリオレ」、4ドアの「500L トレッキング」、電気自動車「500e」も紹介されている。

F-35なマスタング

20140729-074542-27942108.jpg

フォードは、7月31日に米ウィスコンシン州オシュコシュで開催される米国最大の航空ショー「EAA エアベンチャー」のチャリティー・オークションに参加し、2015年型「マスタング」をベースにしたワンオフ・モデル「マスタング F-35 Lightning II Edition」を出品する。
今年で7台目となるワンオフ製作のスペシャル・マスタングは、ロッキード・マーティン社の最新鋭戦闘機「F-35ライトニングⅡ」がモチーフ。先日ご紹介したスケッチよりも荒々しい雰囲気に仕上がっており、映画『トップガン』に登場しそうな出来栄えだ。チタンカラーのボディには、フロントからリアにかけて黒と黄色のレーシング・ストライプが施されている。リア・スポイラーに合わせて斜めに入れられた鮮やかな黄色と黒のカラーリングもワイルドで印象的だ。このデザインは、初期に生産されたF-35がモチーフになっているという。

このマスタングが特別なのはボディカラーだけではない。カーボンファイバー製のフロント・スプリッターとリア・ディフューザー、ローダウンされたサスペンション、フォージアート特注の21インチ・ホイールに黄色く塗られたブレーキ・キャリパーなどを装備し、フロントを含めたウィンドウは、F-35がレーダーで探知され難くするために使用しているという金色(※)に色づけされている(写真では黄色に見えるが)。※実際の戦闘機のキャノピーは、金を蒸着コーティングしている。

インテリアにもF-35を感じる仕様が満載だ。運転席と助手席のレカロ製スポーツシートには黄色のアクセントカラー、フロアマットにはF-35の刺繍、ドアの内張りにも同機をデザインしたマークが施されている。

このオークションの売上金は毎回、青少年に無償で小型機の操縦機会を与える「EAAヤング・イーグルス・プログラム」に寄付されている。フォードはこの活動を通して、これまでに250万ドル(約2億5,000万円)以上の寄付金を調達。2014年型フォード「マスタング GT US Air Force Thunderbirds Edition」には40万ドル(約4,070万円)の値がついた、2015年型フォード「マスタング F-35 Lightning II Edition」

スバルが新型車を発表予告

20140728-071251-25971094.jpg

富士重工業は25日、「WRX S4」と名付けられた新型スポーツセダンを8月25日に国内市場で発売すると発表。合わせてティーザー画像が掲載された専用サイトを公開した。
「インプレッサ WRX」として1992年に登場した初代モデル以来、スバルが世界に誇るスポーツセダンの名前を受け継ぐ新型は、「WRX S4」という車名になることが今回初めて公表された。プレスリリースによればこのWRX S4は、”『スバル最高峰のAWDスポーツパフォーマンス』を有しながら、「EyeSight(ver.3)」を含めた『独自の総合安全性能』、『優れた環境性能』、『洗練された質感』を実現したスポーツセダン”であるという。車名に新たに付加された「S4」の文字には、それら4つの価値を表す”Sports performance”、”Safety performance”、”Smart driving”、”Sophisticated feel”の意味を込めているそうだ。

ただし、現在のところWRX S4について明らかになっていることはそれだけ。誰もが気になるエンジンについては、新たな「BLUE BOXER」という名称とそのロゴのみが公開されている。

現行型「インプレッサ」4ドア・セダンをベースとする新型「WRX」は、2013年11月にまずアメリカのロサンゼルス・オートショーで初公開され(下の画像:左)、続いてその高性能版「WRX STI」が2014年1月にやはり同じアメリカのデトロイトで開催された北米自動車ショーで発表されている(下の画像:右)。今回、日本で(ようやく)発売がアナウンスされた「WRX S4」のティザー画像を見ると、スバルテクニカインターナショナルの名を冠するハイパフォーマンス・モデルの証として認知されている大型リア・スポイラーが装着されていないことから、おそらく日本でもこのWRX S4の次に、(パフォーマンス最重視のスバリストにとっては)”本命”が控えているのではないかと思われる。

オープンカーオーナーは高学歴・高収入

20140727-114506-42306951.jpg

自動車に関する情報を提供する米Experian Automotive社が、オープンカー所有者の傾向に関して興味深い調査結果を公開したので、早速ご紹介しよう。
昔から、”コンバーチブルを運転している人はお金持ち”というイメージはあると思うが、今回の調査では、それを裏付ける結果が出ている。米のコンバーチブル所有者は学歴が高く、半数が学士号を持っており、その年齢層は72%が45歳以上と、新車購入者全体の平均年齢を上回る。また、世帯収入が17万5,000ドル(約1,800万円)以上という所有者は19%に上り、さらに市場価値が100万ドル(約1億200万円)を超える住宅を所有するという人は11.7%と、その裕福な暮らしぶりが垣間見える。

ただ、もともとコンバーチブルというクルマ自体が高コストであり、ほとんどの所有者が2~3台目のクルマとして購入している事実を考慮すると、この結果はさほど驚くことではない。「コンバーチブルの人気が高い都市」に関しても、1位がロサンゼルス、次いでニューヨーク、サンフランシスコ、シカゴ、アトランタと、”いかにも”なランキングだ。

そんな中、今回の調査で最も意外だったのが「人気のコンバーチブル トップ5」だ。フォード「マスタング」(1位)、マツダ「MX-5(日本名:マツダ ロードスター)」(3位)、BMW「3シリーズ」(4位)、シボレー「コルベット」(5位)は納得だが、2位にランクインしたクライスラー「セブリング」はいかがなものだろう(おそらく2011年から名称が変更になった「200コンバーチブル」を指していると思われる)。この調査結果が正しいのであれば、いくら年の功や学歴、財力があっても、クルマ選びの失敗を防ぐことは出来ないということになってしまう。

ただし、この結果は2014年の第1四半期に新車登録されたデータが基となっている。寒い時期に行われた調査であることと、そのデータの収集期間が極端に短いことから、今回の調査に対する信頼性はあまり高くないと言わざるを得ないだろう。

ルノーとR8が勝負‼︎

20140726-061447-22487167.jpg

同じ年式のスーパーカーとホットハッチなら、よりパワフルなスーパーカーの方が速いに決まっている。しかし、もしそれがレース仕様に改造したホットハッチだったら? そんな興味深い対決を英の人気自動車専門誌『EVO』が行ったのでご紹介しよう。
用意されたのは、アウディのスーパーカー「R8 V10プラス」と、ルノーのワンメイクレース「クリオカップ」用のレース車輌。5.2リッターのV10エンジンをミッドシップに積んだR8 V10プラスに対し、レース仕様のルノー クリオは余分な装備を削減して極限まで軽量化を図り、サーキット走行向けにチューンしたサスペンションや瞬時にギアチェンジができるシーケンシャル・トランスミッションを備え、最大のポイントとも言えるスリック・タイヤを履いている。

映像では、進行役であるディッキー・ミーデン氏が両車をサーキットで走らせながら様々な技術的詳細を紹介してくれている。果たして542hpのR8 V10プラスと220hpのクリオカップレースカーのどちらに軍配が上がるのか?

危険な自動運転車

20140725-070717-25637505.jpg

実用化に向けて開発が進む自動運転車。グーグルが完全自動運転車の走行テストを行っているほか、日産やメルセデス・ベンツも同様の技術を開発中であると明らかにしている。一方で、先端技術も使い方を誤ると危険との指摘もあり、先日はそれを皮肉とブラックユーモアを交えて伝えるコメディ映像もご紹介した。しかし、米のFBI(連邦捜査局)は笑い事では済まされない、より深刻な事態を懸念しているようだ。
英の日刊紙『ガーディアン』は、先頃FBIが作成したこの種の技術に関する悪意ある使い方の可能性についてまとめられた非機密報告書を入手し、その内容を掲載した。その報告書の中でFBIは、犯罪者による自動運転車の悪用方法を考えられる限り洗い出しており、最悪なシナリオを想定している。そのほとんどは現時点では技術的に不可能だが、同紙は「無人運転車は警察と犯罪者のクルマの使用方法を大きく変えるだろう」と伝えている。

FBIが最も懸念を抱いているのは単純に、自動運転車なら運転手がハンドルを握らず運転に集中しなくてもよい点だ。追跡時に、犯人がクルマを自動運転に切替え、追ってくるパトカーに対して発砲してくる可能性もある。さらに、自動運転車を不正に乗っ取り武器として使用したり、テロリストが自動運転車に爆弾を積み、それを突入させることも可能だろう。

しかし同時に自動運転車には弱点もある。報告書では、自動運転車なら監視が簡単になると予測。現在位置を割り出すことや、街中にある監視カメラなどによって、ピンポイントで目的の車両を写真やビデオに収めることも容易だという。

現時点では、自動運転車はまだ公道における限られたテスト走行が行われている段階で、FBIが想定するようなことのいくつかでさえ実行するのは難しい。とは言え、こういった脅威が現実のものとなるのは、ほんの数年後かもしれない。

100周年記念モデル

20140724-064032-24032252.jpg

「今から100年前のイタリア・ボローニャに、5人の兄弟がおりました」マセラティ・ジャパンのファブリッツィオ・カッツォーリ社長は、増上寺光摂殿の前で語り始めた。「そのうち4人は、エンジンが付いているものなら何でも大好きというメカニック。もう1人はクルマにはあまり興味がなかったのですが、アーティストで、あの有名なトライデント(三叉槍)のエンブレムをデザインしました」

彼ら兄弟が1914年12月1日に設立したワークショップ・ガレージこそ、現代までイタリアを代表する高級車ブランドとして知られているマセラティの原点である。集まった報道陣と日本のマセラティ・ファンの前で、その100周年を記念して製作された2つの特別仕様車がアンベールされた。白いボディにブラックのソフトトップとインテリアが組み合わされたオープントップのモデルは「マセラティ グランカブリオ MC センテニアル・スペシャル・エディション」。そして「イタリアの伝統的なモータースポーツを表現している」という特別な3層構造の塗装で仕上げたという新色「ロッソ・マグマ」という赤で塗られたクーペは「マセラティ グラトゥーリズモ MC ストラダーレ センテニアル・スペシャル・エディション」。ブラック・レザー仕上げのインテリアには、それぞれボディ・カラーとコーディネイトされたストライプが入り、ヘッドレストにはマリオ・マセラティが描いたトライデント・ロゴが刺繍されている。他にも「1950年代に活躍したマセラティ・スポーツカーのグレーを現代的に解釈した」という「グリジオ・ピエトラ」や、明るい内装色とのコンビネーションが楽しめる「ブルー・インキオストロ」など全7色のボディ・カラーが設定されており、それに合わせた素材やカラーでインテリアは仕立てられるという。

ジローラモさんがアンバサダーに

20140723-065707-25027193.jpg

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、タレント、エッセイスト、イタリア語講師等として様々な方面で活躍中のパンツェッタ・ジローラモさんが、ジャガーのブランド・アンバサダーに就任したことを発表。18日にジャガー・ランドローバー世田谷ショールームで「Fタイプ」の納車式が行われた。 「赤って色々あって、クルマによっても違うでしょ。明るい赤とか、深い赤とか。この(Fタイプの)赤は輝いている赤。とてもきれい。イタリア語で”brillante”っていうんだけど。それがとても気に入った」とジローラモさんは語る。イタリア人の彼がイギリス車のジャガーに乗るのに、ナショナル・カラーの赤を選んだともいえるあたりが興味深い。かつてスターリング・モスが、ブリティッシュ・レーシング・グリーンに塗ったマセラティでレースに出場したのと、ちょうど反対だ。

ジローラモさんはもちろんイタリア車にはお詳しいと思いますが、そんなジローラモさんにとって、イギリス車のジャガーってどんな存在でしたか?

「実は母の弟がイギリスに住んでいて、パン屋さんなんだけどね、あちこちのお店に卸している。その人がジャガーのコレクターだった。だから昔から、特にスポーツ・タイプのジャガーに憧れていました。あのエンブレムとか、すごく魅力的だった」

テスラのコンパクトカーの名前が決定

20140722-070019-25219814.jpg

テスラが現在開発中の新型コンパクトカーの呼び名が「モデル3」に決定した。

他の自動車メーカーならこのような重要な発表は大々的に行われるのが普通だが、テスラのイーロン・マスクCEOは、英自動車メディア『Auto Express』のインタビュー記事について認める形で、次のようにフェイスブック上でモデル名を明かした。

“「モデルX」の次に登場する第3弾モデルは「モデル3」という名前になります”

これを受けて同誌は、「世界的特ダネ – テスラがモデル3でBMWの3シリーズに対抗」という見出しで、「モデル3は完全に電気だけで走る高級コンパクトカーとして2017年に発売予定であり、搭載される新技術にはアストンマーティンからクリス・ポーリット氏(車両技術担当副社長)を迎え入れた成果が反映されるだろう」と報じている。また、モデル3を思わせる画像が掲載されたが、これは同誌が予想したイメージ画とのこと。

テスラの従来のモデルよりも小型でお手頃価格になるモデル3は、BMW「3シリーズ」のようなコンパクトプレミアムセダンに対抗できるモデルとして、2016年にお披露目され、2017年に販売開始となる予定。マスク氏によると、同車の航続可能距離はフル充電時で200マイル(約322km)、価格は3万5,000ドル(約350万円)ほどになるそうだ。

当初テスラは同車の車名を「モデルE」にする予定だったが、フォードと争う形になったため、EをあきらめIII(3)にしたという。また、マスク氏は「モデルS」から始まる一連のシリーズ名について、「モデル名を並べると、S E Xではなく、 S Ⅲ Xになる」とコメントした。

モデル3のテクニカルな詳細については残念なことに語られなかったようだ。しかし噂によると、モデルSよりボディは20%ほど小さく、コストを抑えるためプラットフォームにはアルミニウムの代わりにスチールを多く使用し、バッテリーパックは自社の巨大バッテリー工場で生産するらしい。

アストン最強のオープンカー

20140720-121904-44344341.jpg

アストンマーティンが新型モデル「V12ヴァンテージ S ロードスター」を発表した。今回はこのアストンマーティン史上最もパワフルなロードスターをご紹介しよう。
アストンマーティンが、”エントリー・モデル”として「V8ヴァンテージ」を発売してからもうすぐ10年。しかし、同シリーズは飽くなき進化を続けている。V8ヴァンテージは、ジャガー「XK」の4.3リッターV8エンジンをベースにした最高出力380hpのエンジンを搭載していたが、最新の「V12ヴァンテージ S」では最高出力565hpの6.0リッターV12エンジンを搭載。そのオープントップ・モデルとして今回新たに登場したのが、”アストンマーティン史上最もパワフルで最も速いロードスター”になったという「V12ヴァンテージ S ロードスター」だ。

クーペのV12ヴァンテージ Sと同じ6.0リッターV12エンジンには、CNCマシンで加工した燃料室や中空カムシャフトなど、モータースポーツで培われた技術が採用され、グラツィアーノ社製7速「Sportshift III (オートメーテッド・マニュアル・トランスミッション)」が組み合わされている。この7速トランスミッションの重量は、先代の「V12ヴァンテージ ロードスター」の6速マニュアル・トランスミッションと比べると約20kgほど軽いという。このドライブトレインを搭載するV12ヴァンテージ S ロードスターの0-60mph加速は3.9秒、最高速度は201mph(約323km/h)。フラッグシップ「ヴァンキッシュ・ヴォランテ」の0-60mph加速4.1秒、最高速度183mph(約294km/h)と比べても格段に速い。

エンジンのトルク曲線が、V12ヴァンテージ ロードスターに比べると太くフラットに改善されているほか、「ノーマル」「スポーツ」「トラック(サーキット)」の各モードを備える3ステージ・アダプティブ・ダンピング・システム(ADS)や、3段階のスタビリティ・コントロール、2段階のABS、カーボンセラミック製ディスクブレーキ、そして「One-77」と同じパイプを使用した軽量エキゾーストも採用されている。

これを読んで興味が湧いてきた読者の方は、詳細を文末のリンクから公式サイトでご確認いただきたい。いつか購入する日に備えるためのコンフィギュレーターも用意されている。