東京モーターショーに出展されているS660

s660-001

 

現在東京で開催されている、東京モーターショー2013に出展されているホンダの次世代軽スポーツカーのS660は2015年に量産を予定されいるそうです

S660はホンダビート等の後継機として設計された車なんだそうです

軽自動車・ミッドシップ・オープンカーという3つの共通点から今までに発表された車の名前からこの名前がついたそうです

この車にはミッションモデルも用意される可能性があるそうです

 

価格は今のところ未定だそうです

スーパーカーのなかのスーパーカー「ガヤルドの後継機」

lambo2lambo628

先日発表された、ランボルギーニガヤルドの後継機モデルであるウランカが発表されました。

発表されたと言っても正式に発表されるのは来年行われるジュネーブモーターショーなんだそうそうです

しかし、今回の発表もほとんど正式なものに近いです

なぜならエンジンの詳細などは発表されているからです


ウランカのエンジンはとてつもなく大きく最高出力が448kwとなっています。さらに最大トルクが57.1kgmにもなる5.2ℓV10直噴エンジンを搭載しています

もちろんAWDでトランスミッションには7速デュアルクラッチを採用しているそうです

時速100kmまでにかかるのはたったの3.3秒

さらにスーパーカーなのに燃費が8kmという低燃費なんです

ハンドルには走行の切り替えが出来るスイッチがついています

他にもたくさんのオプションが期待出来ます!!!
lambo1

フランスのボーイズカー「プジョー208」

プジョー 208

 

この車はフランスの車のプジョーから最近発表された「プジョー 208」です

僕がはじめてこの車を見た時に思ったのは明らかにフォルクスワーゲンのゴルフやメルセデスベンツのAクラスをライバル視しているなと思いました

プジョーは最近グループ会社のシトロエンに押されていまいち目立ちませんでしたが、今回の208で挽回出来るのでしょうか?

前モデルの207は評価は良くなかったので、思い切ったモデルチェンジをしたのだと思います

207とは比べ物にならないぐらいスタイリッシュになっていると思います

前モデルから100kgの減量もできたということで、おそらく燃費もアップしていると思います

価格も日本では少し高いですが199万円となっているので、シトロエンのDS3とも良い勝負です

最高級サルーン「メルセデスベンツSクラス」

Mercedes_S_Class

 

今回発表されたSクラスはかなりの知能そなえている

メルセデスのもつすべての技術を惜しみなくつかっていると思う

見たものを判断し、判断したものから行動する

たくさんの赤外線センサーやカメラも多様して車の360°すべてを見ることが出来るようになっている

さらにハイブリッドモデルもあり公称燃費は26.4km/ℓとなっている

加速力も1-100までが6.8秒なっています

たくさんのライバルがある中で1番すぐれているのはエンジン性能と安全性だと思います。

 

日本市場向けのボルボ「V40」

v40このボルボV40はボルボが本気で日本市場に挑むことを決心した車です

このV40にもライバルがいます。

「フォルクスワーゲン ゴルフ7」です

vw_golf7

今まで、ゴルフに真っ正面から勝負出来る車はなかったのですが、ボルボV40は価格を269万円と設定し価格でもゴルフに勝負しましたが、その結果日本車も価格上ではライバルに入っています。

しかし、ボルボV40には最大にして世界初の武器があります

それは、歩行者用エアバックです

これを搭載している車はボルボ以外にまだありません、やはり安全性というとボルボです

歩行者用エアバックを搭載したことによって、国産車は足下にもおよばないということです

安全性だけをみれば、ゴルフに勝っています

ボルボV40とゴルフ7は日本カーオブザイヤーで2位と1位を獲得している車です

この車は初めてボルボに乗られるにはばっちりの

車になっていると思います

v40-5

スウェーデン発のボルボのV60がマイナーチェンジじました!!

VOLVO V60

 

これが新型「V60」です

ボルボの今までのデザインとは全く違うデザインになりすっきりとした顔つきになりました。

スウェーデン車なので北欧ならではのオシャレな内装になっています。女性の方が乗るにもいいと思います

前のモデルではヘッドライトが4灯だったのですが、新しいデザインになり1つにまとめられスッキリとしたデザインになったと思います

他のモデルのV70では日本国内の道路に少し大きいですが、このV60は日本の道路にぴったりなサイズだと思います

エンジンはノーマルモデルで4気筒で1595ccとなっておりターボも搭載されています

大きさは全長が4635mm全幅が1845mm全高が1480mmとなっています

かなりコンパクトなサイズになっています

ボルボらしい新しいデザインになりスタイリッシュでありまたオシャレなワゴンに仕上がっています

V60

フランスのルノーからルーテシアがデビュー!!

新型ルーテシアルノー社からコンパクトカーシリーズである「ルーテシア」がデビューしました!!!

デザインも内外装も好き嫌いがはっきりと分かれてしまいそうな感じはしますが、かっこいいと思います

サイズは全長=4095mm 全幅1750mm 全高1445mmとなっています

国産の車でいうと日産のノートとさほどかわりません

しかし、サイズは日産でも中身が違います

エンジンが1.2Lの直4ターボを搭載しいて、120馬力を発揮する十分な動力性能となっています

一見、見た感じだと大きな感じだと思うかもしれませんが、コンパクトな車だと思います

価格も200万円をきる!!ということでリーズナブルな価格かと思います