F1グランプリ注目うすれる

F1グランプリが行われる開催国はなにかと注目を集めるものだが、今回のマレーシアGPはいつもとは事情が異なるようだ。理由は、マレーシア航空370便がクアラルンプールから中国に向かう途中で乗客乗員239人とともに消息を絶った問題である。

今月28~30日に開催予定のマレーシアGPに向け、1週間前に現地入りしたF1チームのスクーデリア・フェラーリ。チームは首都クアラルンプールにあるサイバービュー・ホテルを予約していたが、実はこのホテルには370便に乗っていた行方不明者の家族が数十人(主に中国から駆けつけた家族)滞在していた。そこでホテル側はフェラーリチームの予約を優先させ、搭乗者の安否に関する情報を待って滞在中だった家族らをホテルから退去させたという。image

コメントを残す