ワンオフのベイロン

IMG_2129.JPG

ブガッティが、毎年カリフォルニア州モントレーで開催される「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」で、「ヴェイロン 16.4 グランスポーツ ヴィテッセ」の特別モデル「ブガッティ・レジェンド(Les Légendes de Bugatti)」シリーズの第1弾を発表したのは、今から1年前のことだ。同社は、今年のペブルビーチでシリーズ最後のモデルとして「エットーレ・ブガッティ」を発表、その全6モデルがそろって展示された。実はそのとき、サプライズでヴェイロン 16.4 グランスポーツ ヴィテッセの特別仕様モデル”1 of 1″(ワン・オブ・ワン)も初公開されていた。
このイエローとブラックに塗られたヴェイロンは、今年のペブルビーチが開催されるよりも前、7月上旬にフランスのアルザス地方モールスハイムにあるブガッティの工場近くで初めて目撃され、女性レーシングドライバーの草分け的存在であるエリザベス・ジュネックにちなんだブガッティ・レジェンドのシリーズ最終モデルではないかと噂されていた。ところが、いざフタを開けてみると、シリーズ最終モデルとして発表されたのは、青と黒という全く別のカラーリングの「エットーレ・ブガッティ」だった。一体、あの映画『トランスフォーマー』のバンブルビーのようなカラーリングのヴェイロンは何だったのか? と我々は困惑したのだが、ようやくその正体が明らかとなった。

「エットーレ・ブガッティ」エディションと共にペブルビーチで公開された、このヴェイロン 16.4 グランスポーツヴィテッセ “1 of 1″と名付けられたモデルは、シンガポールの顧客のために1台のみ製作されたワンオフモデルであるという。「タイプ41 ロワイヤル」や「タイプ55」「タイプ44」などブガッティ全盛期の名車で数多く見られるイエローとブラックのカラーリングを復活させている。これは創業者一族が好んだものだという。今年のペブルビーチでは、カリフォルニア州南部のオックスナードにあるマレン自動車博物館が提供した、同じカラーリングのタイプ44の隣に展示された。

イエローとブラックのカラーリングはエクステリアだけでなく、インテリアにも施されている。ドアパネルには上に黒、下に黄色のレザーを2枚重ねで使用。黒レザーにレーザー加工で穴をあけ、黄色いドットでヴェイロンのシルエットを浮かび上がらせている。陽極酸化(アルマイト)処理と手磨き仕上げのフロントグリルには、注文主のイニシャル「PL」の文字がレーザーカットで施されている。また、リアウイングの下側にはブガッティのロゴがあしらわれている。

ホンダがスーパーチャージャーキットを販売

IMG_2123.JPG

ホンダの米国法人アメリカンホンダは21日、米国で販売されている「CR-Z」向けに、スーパーチャージャー・キットを発売すると発表した。
ホンダのスポークスマン、ジェシカ・ハウウェルによると、HPD(ホンダ・パフォーマンス・デベロップメント) によって開発されたこのキットは、CR-Zに搭載されている1.5リッター直列4気筒エンジンを、最高出力197hp(+67hp)、最大トルク24.3kgm(4.9kgm)に向上させるという。キットにはインタークーラーやハイフロー燃料インジェクター、書き換え済みエンジン・コントロール・ユニット、エアフィルターなどが含まれ、価格は取り付け費別で5,495ドル(約57万円)。だが、対象となるのは2013年から2014年に発売された6段マニュアル車のみとなっている。もっと欲張りなオーナーには、1,375ドル(約14万円)でLSD(リミテッド・スリップ・ディファレンシャル)を追加したり、640ドル(約7万円)でスポーツ・クラッチへの変更もできるという。

CR-Z向けのスーパーチャージャーは、2012年に日本で発売された「無限 CR−Z RZ」に搭載されたもの(最高出力153hp)を皮切りに、後のSEMAショーでは185hpにパワーアップし、2013年には190hpにまで引き上げられるという目覚ましい進化を遂げてきた。その後、更なる改良を経てこの197hpに辿り着いたようだ。ありがたいことにディーラーで同パッケージを装着すると、5年間/走行6万マイル(約9万6000km)のパワートレイン保証が適用されるそうだ。

しかし、ヨーロッパでCR-Zがすでに販売中止となっていることを考えると、米国でも一体いつまで販売されるのかと不安に思ってしまう。なお、このキットを装着することによって、ハイブリッドカーにとって大事な燃費がどう影響を受けるかについては、明らかにされていない。

新しいBMW

IMG_2108.JPG

 ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長: ペーター・クロンシュナーブル)は、スポーツ・アクティビティ・クーペ・モデル「ニューBMW X4(エックス・フォー)」を、21日注文受付を開始すると発表。納車は2014年10月からを予定している。

 ニューBMW X4は、2008年の登場以来市場を開拓し、世界で累計25万台以上が販売された「BMW X6」のコンセプトを引き継ぎ、BMW Xモデルならではの特徴と、クーペのデザインを融合したプレミアム・ミドル・クラス初のスポーツ・アクティビティ・クーペ・モデル。
 走行の面では、4輪駆動の長所である走行安定性と悪路走破性に加え、オンロードにおける卓越した運動性能を実現しているインテリジェント4輪駆動システム「xDrive」を始め、「8速スポーツ・オートマチック・トランスミッション」や、走行状況に応じてステアリング操作に対する前輪の切れ角を最適化させることで俊敏な操縦性を提供する「バリアブル・スポーツ・ステアリング」などの採用により、スポーティな走りを実現している。装備面は、事故発生時に、車両の通信機能を介して救急や消防といった機関の早急な手配が可能となる「BMW SOSコール」や、歩行者検知機能付き「衝突回避・被害軽減ブレーキ」、車両前方と左右の交通状況をパノラマ・ビューで映し出す「サイド・ビュー・カメラ」、ボタン操作一つでテールゲートの開閉が可能な「オートマチック・テールゲート・オペレーション」など、利便性と安全性に優れた数々の機能を標準装備する。

ペブルビーチでお披露目

IMG_2080.JPG

米シリコンバレーの新興EVメーカーであるレノボ・モーターズ社は8月15日(現地時間)、カリフォルニア州モントレーで開催された2014 ペブルビーチ・コンクール・デレガンスの会場で「シェルビー・デイトナ・クーペ」をモデルに作り上げた電気自動車のスーパーカー「レノボ・クーペ」を初公開した。
1960年代半ばに活躍したシェルビー・デイトナは、あらゆる時代のレースカーの中でも最高にスタイリッシュな1台だ。さらに、ハイパワーのV8エンジンを搭載していたにも関わらず、驚異的な燃費性能を誇ったことでも知られている。レノボ・モーターズは、このアメリカン・クラシックカーが持つ美しいスタイリングはそのままに、強力な電気モーターを採用することで、高い動力性能は維持しつつ環境に配慮した画期的なスーパーカーとして見事に甦らせた。

この傑作デザインと現代のパワーユニットを組み合わせたレノボ・クーペは、搭載されたリチウムイオンバッテリーと2基の電気モーターが最高出力500hp、最大トルク138.3kgmを発生。メーカーからの発表によると、0-60mphを3.4秒で加速し、最高速度は120mph(約193km/h)を超え、しかも最大航続可能距離は100マイル(約161km)に及ぶという。これはEVであろうとなかろうと、かなり魅力的な数字だ。

車体はシェルビー・アメリカン社の”本家による復刻版デイトナ・クーペ”とも言える「デイトナ CSX9000」のシャシーをベースにしており、外観の違いはごく僅かだ。レノボ・モーターズはサイド・エキゾーストの痕跡もわざと残しているので、一見しただけではシェルビー・デイトナと勘違してしまう人も多いだろう。ボンネットを開けると、V8エンジンがないことに気付き初めて驚くのではないだろうか。

フェラーリ250GTOが39億円

IMG_2056.JPG

1962年に製造されたフェラーリの希少なレーシングカー「250GTO」が、ペブルビーチで行われたオークションで、自動車オークション史上最高額の3,800万ドル(約39億円)で落札された。
以前、1963年型の250GTO(車台番号5111GT)が5,200万ドル(約50億円6,800万円)で売却されたニュースをお伝えしたが、それは結果的に個人間による取引で付けられた(と言われている)金額になり、オークションの正式落札結果として正確な数字は残されていなかった。今回の落札額が実質上、自動車オークション史上最高額となるという。これは去年までの最高落札額、1954年型メルセデス・ベンツ「W196R」の3,000万ドル(当時のレートで約30億円)を上回る値段だ。

フェラーリは、1962年から1964年にかけて39台の250GTOを生産。近年価値が高騰し、2012年にはイギリスの伝説的な元レーシングドライバー、スターリング・モス氏のために製作された1962年型が3,500万ドル(当時のレートで約27億4,000万円)、2013年には1963年型(車台番号5111GT)が前述のように5,200万ドル(約50億円6,800万円)という驚きの値段で売却された。

今回、自動車オークション史上最高額で落札された250GTO(車台番号3851GT)は、かつてフランス人レーサーのジョー・シュレッサーが所有し、近年はサン・マリノ共和国にあるマラネロ・ロッソ・ミュージアムに所蔵されていた個体だ。同ミュージアムは他にも9台のフェラーリを出品。1962年型「250GT SWB(ショートホイールベース)スペチアーレ・アエロディナミカ」が687万5,000ドル(約7億470万円)、フィル・ヒルが乗った1953年型「250 ミッレミリア・ベルリネッタ」が726万ドル(約7億4,415万円)、1978年のF1マシン「312T3」が231万ドル(約2億3,678万円)などいずれも高値で落札されており、その合計金額は10台で6,594万5,000ドル(約67億5,000万円)に上った。

フォードが新サービスを開始

IMG_1924.JPG

最近、米国ではどこのメーカーでも新車を購入すれば、保証期間中の無料メンテナンスは当たり前になってきている。だが、フォードが7月から始めたサービスでは、クルマの少なくとも一部の消耗部品について、永久に無償交換してもらえるというのだ。
このサービス・プログラムは、フォード、リンカーン、マーキュリー車用のモータークラフト製ブレーキパッドを購入すると、そのクルマを所持している限りはずっと無料で交換してもらえるというもので、フォードとリンカーンのディーラー、または「Quick Lane Tire & Auto Center」(フォードが経営するクルマのサービス・ショップ)で受けられる。「クルマの新旧に関わらず、お客様に最上級のオーナー体験を提供するためのプログラムです」と、同社のカスタマーサービス部門の責任者フレデリック・トニー氏は言う。

同社ディーラーの広報担当者、エリザベス・ヴェイガン氏によれば、モータークラフト製のパッドは一般に90年代以降のモデルに純正部品として使用されているとのこと。また、このプログラムを利用するためには、毎回同じディーラーに通う必要があるそうだ。

もちろん、フォードはどんなタイミングでもブレーキパッドを交換してくれるわけではない。まず、パッドが3mm以下に摩耗していること。そして、ブレーキの性能を保つために、パッド以外の部品の交換が必要だとディーラーが判断したときには、交換しなくてはならない部品の代金と工賃は負担することが条件となる。また、タクシーやリムジンなど客を乗せるクルマ、レーシングカーなど、一部対象とならないクルマもある(その他の商用車は対象となる)。なお、7月1日購入分から適用されるそうなので、最近ブレーキパッドを買ったという人はラッキーだ。

VWがラリーで1位

20140805-083547-30947450.jpg

フォルクスワーゲンは、自動車レース(ラリー)の最高峰「FIA 世界ラリー選手権」の第 8 戦「ラリー・フィンランド」に市販車をベースとした3台の「ポロ R WRC」で参戦、地元フィンランドの ヤリ‐マティ ラトバラ選手が今季3度目となる優勝を飾った。チームはこれで今季無敗の8勝目。 2013 年の第10戦「ラリー・オーストラリア」以降、連勝記録を12に伸ばした。
 2014年7月31日〜8月3日にかけて開催された「ラリー・フィンランド」は、ヘルシンキから北に約300kmの都市ユバスキラを拠点とした「グラベルラリー」。SSは26、SS距離360.94km、総走行距離1625.13kmで争われた。

 

 ラリーは31日夕方にスタート。母国イベントで気合いの入るラトバラ選手は首位、セバスチャン オジェ選手は僅差で総合2番手、アンドレアス ミケルセン選手は総合6番手でそれぞれ初日を終えた。続く8月1日はラトバラ選手が首位を堅守、オジェ選手はひとつ順位を落としたが、 ミケルセン選手が総合4番手に躍進。8月2日、ラトバラ選手は総合2番手に浮上してきたオジェ選手と僅差の戦いとなり、最終日の8月3日もそのまま首位を守り、今期3度目の勝利を飾りった。オジェ選手は2位、ミケルセン選手は4位でラリーを終えた。

250GTOが65億円

20140803-091657-33417241.jpg

先日、米カリフォルニア州モントレーで来月開催予定の英オークション会社ボナムスのオークションに、フェラーリ「250GTO」が出品されるとお伝えした。今回はドイツで別の「250GTO」が6,400万ドル(約65億6,400万円)で売りに出されているというニュースをお届けしよう。

1962年から1964年にかけて39台が生産されたフェラーリの希少なレーシングカー「250GTO」。1969年には2,500ドル(約26万円)で売られたこともあるが、80年代には数十万ドル(数千万円)と跳ね上がり、それから数百万ドル、数千万ドルと高騰、2013年には自動車のオークション市場過去最高額の5,200万ドル(約53億3,300万円)で落札されている。しかし、現在ドイツで売りに出されているGTOは、それさえ上回る値段が付けられている。

ドイツの自動車販売サイト『mobile.de』に掲載されているその赤い250GTOについて、詳しい説明は書かれていない。だが、我々が以前調べたところによると、ドイツには現在2台のGTOがあり、1台はシルバーであるらしい。となると、このGTOはおそらく1962年にスイスで納車されたシャシー・ナンバー「3809GT」であり、60年代前半にヒルクライムや耐久レースで活躍した1台であると思われる。現在の所有者であるHartmut Ibing氏が1976年に購入したものだが、そのときの価格は数万ドルだったという。52年間に刻まれた走行距離はわずか1万5,000km。Ibing氏の資産運用術は見事だったと言うほかない。

もちろん、これが別の個体である可能性もあるのだが、それはともかく、この赤いボディに青い内装を持つ250GTOに現在付けられている販売価格は、4,760万ユーロ(約65億5,000万円)。これには19%の付加価値税が含まれているので、課税前だと4,000万ユーロ(約55億円)だが、それでも過去最高額(250GTOだけでなく、これまで製造された自動車史上)になる。

この価格はちょっと高過ぎると思う方は、来月8月15日に米カリフォルニア州モントレーのクウェイルロッジで開催される英オークション会社ボナムスのオークションで運を試してみてはどうだろうか? こちらに出品される250GTOには最低落札価格が設けられていないので、ひょっとしたらもっと安く手に入れられるかも知れない。しかし、もしかしたらオークションでさらに値段が釣り上がり、その様子を見ながらIbing氏も価格を上げてくる可能性もある。果たしてフェラーリ 250GTOの価値は、というか1台の自動車に付けられる値段は、一体どこまで上がるのだろうか…?

ヴィトー発売

20140801-081423-29663840.jpg

メルセデス・ベンツの新型「ヴィトー」がドイツのベルリンで7月28日に公開された。
メルセデスといえば高級車のイメージだが、その堅牢性からトラックやバス、バンといった商用モデルも好調に売れ行きを伸ばしている。同社のバンのラインナップには、北米市場などで人気の「スプリンター」やルノー「カングー」のOEMである「シタン」なとのモデルがあるが、今年1月に「Vクラス」がモデルチェンジしたことを受け、その商用バージョンである「ヴィトー」も新型が登場した。

スプリンターよりも小型で、Vクラスを凌ぐ実用性が特徴の新型ヴィトーには、世界中の様々な市場に向けて、今回も豊富なバリエーションが用意された。多用途に用いることができるように、最大積載量1369kgのパネルバン、9シーターの乗用バンの他、4ドア+リアに荷物室のあるクルーキャブの3タイプが設定されている。駆動方式は興味深いことに、前輪駆動、後輪駆動、4輪駆動の3タイプ。エンジンは1.6リッターまたは2.15リッターの直列4気筒ターボディーゼルで、FF車には最高出力88hpまたは114hpの1.6リッター4気筒が横置きされ、FR車とAWDには最高出力136 hp、163 hp、190 hpの2.15リッター4気筒が搭載される。トランスミッションは、エンジン・駆動方式を問わず6速MTまたは7速ATから選択可能。その他にも、サスペンションや電子制御パワーステアリングが改良され、操縦性も向上しているという。最大積載量はクラストップの3,000ポンド(1,360kg)以上。車両総重量は仕様によって2.5トンから3.2トンとなっている。

さらに新型ヴィトーは、従来型と比べ安全性や快適性、そしてエアロダイナミクスも向上。空気抵抗が少なくなったボディの形状と新型エンジンのおかげで燃費が約20%も改善されたという。こういった商用バンの購入層にとって経費削減は常に課題なので、省燃費化されたヴィトーは歓迎されるだろう。また、エンジンのメンテナンスの推奨期間は、最大4万km、または2年毎と比較的長く、ランニング・コストが抑えられることも魅力だ。