アメリカのディーラーには車を預けるのが怖いです

wrecked-camaro-zl1-1 wrecked-camaro-zl1-3-1-1 wrecked-camaro-zl1-4-1-1

 

この写真は車はただの事故車の写真ではありません

実はこの画像はディーラーで買った車なんです

詳しく説明すると…

ある夫婦が所有していた「1969年型カマロSS」と「2011年型カマロSS」売却して走行距離が1万6100kmと少ない「2012年型カマロZL1」を購入しました。

そして、保証期間内に塗装をやり直してもらおうと、車をディーラーに預けました。

しかし、ディーラーの従業員が勤務時間外に勝手に乗り回してしまい、電柱にぶつけてしまったということです

現在夫婦は代替車を得るために弁護士をつけてディーラーと争っているそうです

現在、ディーラー側は別のZL1を提供しようとしたが、走行距離が1万kmより多く欲しくもないオプションがたくさんついているため夫婦は受け取らないそうです。

今世紀のバハ・バグ

02-vw-beetle-dune-concept-detroit-1-1

現在開催されている北米国際自動車ショーでフォルクスワーゲンがオフロード使用の「ザ・ビートル」のコンセプトである「ビートル・デューン・コンセプト」を発表しました

この車のような車は昔のビートルにもありました。「バハ・バグ」です

Unknown

 

この車はメキシコでレースに出るために作られた車です

それをモチーフにして作られたと思います

「ビートル R-Line」のパワートレインをもとにして作られたため最高出力が210hpの2ℓ4気筒ターボの「TSI」エンジンを搭載し、6速デュアルクラッチ式トランスミッションも搭載しています。

ボディーサイズは現行の「ザ・ビートル」より少し大きめでルーフ高が20.8mmほど広くなり、最低地上高も50.8mm上がっていて、ホイールアーチエクステションも装備され車幅も55.9mm広くなっている

ボディーカラーはメタリックなイエローオレンジ「Arizona」で、写真の車の色がその色です

内装は現行の「ザ・ビートル」と同じデザインと内装です

12-vw-beetle-dune-concept-detroit-1-1 vw-beetle-dune-concept-detroit

コンパクトなスポーツカー

fiesta01

 

フォードが今年の2/1から日本で販売する、1.0ℓ3器筒のB型セグメントの「フォード・フェスタ」についての記事です

この車は欧州フォードが中心となって開発されたB型セグメントです

フェスタはイタリア語で「祭り」という意味で欧州風な車に仕上がっています。車に詳しくない人は「フォード」と聞くとマスタングなどの大型車を思い浮かべるかもしれませんが、この車は全長が3.995mmです。しかし、エンジンはパワーがあるので、日常的なスポーティーさを体験出来ると思います

フランス警察と同じ車に乗れます!!

R001

1/10から開催されている「東京オートサロン2014」でフランス警察の高速警備隊で使用されているのと同じカラーリングの「メガーヌ ルノー・スポールジャンダルムリ」が発表されました。

このボディーカラーは高速警備隊専用カラーでデカールも専用なんだそうです。

高速警備隊には70台が任務についているとのことですがその理由が動力性能の高さ高速域でのハンドリング性能のよさ、乗員の安全確保に不可欠な強力なブレーキ性能があるからです。

限定20台ですので、欲しいかたは全国17店舗のルノーに行きましょう!!

購入者にはジャンダルムリ公認のステッカーがもらえるそうです

R006

将来価値が上がる車

jaguarftypercoupe311

 

アメリカのクラシックカー専門保険会社のHagertyが発表した、クラシックカーになって価値のでる車が発表されました。

その中には日本の車であるフェアレディZも7位にランクインしています

順位てきにはやはり上位は高級車です。

1位は「ジャガーFタイプR クーペ」

2位は「BMW M5」

3位「シボレー COPOカマロ」

ここからの4位以下はなんとか手が届く値段かもしれません

4位「マセラティ ギブリS」

5位「アルファロメオ 4C」

6位「シボレー コルベットスティングレイ」

7位先ほども書きましたが「日産 370Z」

8位「ダッチチャレンジャーR/T」

9位「ジープラングラールビコンX」

10位「フォードST フェスタ」

これはおそらく、アメリカで価値がでる車であって日本ではどうなのかは、わかりません。

 

 

レクサスが新型車「RC F」を発表

002

 

レクサスが14日の北米国際モーターショーを前に新型高性能クーペ「RC F」の概要とともに写真も公開した。

この車のベースになっているのは東京モーターショーで発表された「RC クーペ」ですが、レクサスにつけられる「F」の文字が名前に入っているこの車はたしかに凄いと思う。

レクサス史上最高のエンジンである「V8エンジン」が搭載されている。フロントバンパーやフェンダーにもエンジンを冷やすための冷却ダクトがついている。

スポイラーは「LFA」から受け継いだものを装備している。このスポイラーは時速80kmになると自動で出てきて、時速40kmになるとさがるしくみになっている

004

 

10本スポークの19インチホイールには3種類ありそのうちの2種類はマシン・ポリッシュ、もう1種類は職人によって磨かれたホイールだそうです。

まだまだ、未発表の部分があるので14日が楽しみです

 

メルセデスも準備が出来ているようです

今月の13日からはじまるデトロイトモーターショーにむけて、メルセデスは新型車両を1台発表しました。2015-mercedes-benz-gla45-amg

それがこの「GLA45 AMG」です。

この車はヨーロッパで日に日に進化していくコンパクトSUVの中でも1番のパフォーマンス性能を誇っています

2.0ℓ直噴ターボ4気筒エンジンを搭載しているため。エンジンパワーは驚くほどです

最高出力は355hpで最大トルクが45.9kgmということです

この車には「AMG4マティック」が搭載されているため通常は前輪が駆動するがデュアルクラッチ式7速トランスミッション「AMGトランスミッション」と組み合わせ「PTU」を介して必要に応じて後輪に50%の動力を送る事ができます

 

F1のサーキットの車

001-1日産がアメリカ向けに展開する高級ブランドのインフィニティが最新の車を紹介しました

その名も「Q50 オールージュ」

オールージュとはF1のベルギーGPが開催されるコースのコーナーの名前なんだそうです

日本でスカイラインとして販売される予定なんだそうです

この車の開発にはF1でインフィニティと協力しているレッドブルレーシングの知恵もあるそうです

ルーフとドアの輪郭以外はすべて初めから作りなおしているそうです

ブレーキにはブレンボを採用しており21インチのアロエホイルの間からレッドキャリパーが見えるようになっています

トランクリッドには一体化した大型スポイラーも装着されているみたいです。

リアの辺りの空力パッケージはレッドブルのF1である「RB9」と同じ性能ということです

マスタングは頑張ってます

2015-ford-mustang-spy-shot-video先日ファン待望の新型マスタングが発表されました。

ファンが待っているということもあり、フォードはなんとしてでもマスタングでないように工夫していたようです。

ボディーにスポンジを入れたりビニールをかけたり硬質プラスチックを利用したりして、かなり頑張ったようですが、それがあだとなり、逆に目立ってしまったようです。

そして、初めて行動テストをした時に開始1時間でみつかってしまったそうです

 

なんでもやり過ぎはいけませんね