伝説のハイブリッドカーが引退

BCB0F426E577829894F6832F2E29B_h498_w598_m2_q90_cVQdniHxx

 

これまでにもちょくちょく噂になっていた、ホンダのハイブリッド「インサイト」の生産終了が正式に発表されました。

ホンダの米国法人である北米ホンダによると、インサイトは2014年型モデルを最後に販売が終了され、今夏末には生産ラインがストップするということです。

今後ホンダはアコードに採用されている2モーター式ハイブリッドシステムなどの新世代パワートレイン技術に重点をおいていく予定だとしており、これによって旧型のハイブリッドシステムを搭載したインサイトの撤退が決断されたようだ。

インサイトは発売当初、アメリカエネルギー効率経済評議会(ACEEE)のエコカー部門の1位を4回受賞するなど、そのメカニズムに対しての評価は非常に高かった。

また、購入しやすい価格で人気だったが、時代と共に一定の役割を終えたという感じであろう。

インサイトの発売が終了となれば、同じく販売が低迷しているハイブリッドスポーツの「CR-Z」の今後も気になります。

コメントを残す