レクサスが新型車「RC F」を発表

002

 

レクサスが14日の北米国際モーターショーを前に新型高性能クーペ「RC F」の概要とともに写真も公開した。

この車のベースになっているのは東京モーターショーで発表された「RC クーペ」ですが、レクサスにつけられる「F」の文字が名前に入っているこの車はたしかに凄いと思う。

レクサス史上最高のエンジンである「V8エンジン」が搭載されている。フロントバンパーやフェンダーにもエンジンを冷やすための冷却ダクトがついている。

スポイラーは「LFA」から受け継いだものを装備している。このスポイラーは時速80kmになると自動で出てきて、時速40kmになるとさがるしくみになっている

004

 

10本スポークの19インチホイールには3種類ありそのうちの2種類はマシン・ポリッシュ、もう1種類は職人によって磨かれたホイールだそうです。

まだまだ、未発表の部分があるので14日が楽しみです

 

コメントを残す