マクラーレンの新型に進化

20140501-114153.jpg

昨年12月、マクラーレンのビスポーク部門「マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(MSO)」が、マクラーレン「MP4-12C」のコンセプトモデル「MSO 12C」を発表した。

今回、MSOはマクラーレン「650S」のクーペモデルをカスタマイズし、同車をより魅力的に変身させた
この「MSO 650S クーペ コンセプト」は、同社が開発したアグリガンブラックという特別なカラーで仕上げられている。
室内にはカーボンブラックのレザーが張られたカーボンファイバー製フルバケット・レーシング・シートを装備。これは「P1」用シートを元にデザインされ、着座位置が低く、重量は15kgも軽量だという。
さらにキャビンの各部はサテン仕上げのカーボンファイバーがあしらわれ、それとコントラストを成すようにスイッチギアとその周囲はグロス・ブラックで仕上げられている。

このコンセプト・モデルはMSOのいわば製作例としてワンオフで仕立てられたものだが、サイドブレードとリア・ディフューザーは販売店で注文すれば通常の650Sに装着することができるという。価格はそれぞれ5,114ポンド(約88万3,000円)と7,245ポンド(約125万円)。

コメントを残す