ベントレー初のハイブリッド

20140412-100459.jpg
ベントレーは、プラグインハイブリッド・システムを搭載したSUVを2017年に市販化する予定であると発表。

それに先駆け、4月20日から開催される北京モーターショーで、同システムを搭載したコンセプトモデルを紹介する

このコンセプトカーは、カッパー(銅)のアクセントを内外装にふんだんに施したベントレーのフラッグシップモデル「ミュルザンヌ」をベースにしたものです。
詳細なスペックについては公式に発表されていませんが、このプラグインハイブリッドは、”最大で”25パーセント出力が向上できる上、CO2の排出量は70パーセント削減できるという。

また、EVモードでの航続距離は50km以上とのことだ。

コメントを残す