フェラーリに新シリーズが登場!!

Ferrari-149M-Project-Announcement

 

2012年6月にフェラーリ社専用テストコースであるフィオラノサーキットにターボエンジン搭載の謎に包まれたカリフォルニアが走っていました。

2/12にその謎に包まれた「149Mプロジェクト」が明らかになりそうです。

「149Mプロジェクト」は、その名前からしてプロジェクト名がF149であった、カリフォルニアの改良版であることは予想出来る。

なぜなら、Mとはイタリア語のmodificateの頭文字であると推測されるからである。modificateとは改良などのイタリア語の意味である。

エンジンの詳細などは一切不明だが、おそらくマセラティクアトロポルテに搭載されている最高出力が523hpで最大トルクが72.4kgmを発揮する3.8リッターV8ツインターボをチューニングしたエンジンではないかと予想されている。

この予想があたると、現行のカリフォルニアに搭載されている最高出力が483hpで最大トルクが51.4kgmの4.3リッター自然吸気V8エンジンよりもパワフルなエンジンであることは間違いない

外観はフェラーリF12ベルリネッタのようになるという。

 

コメントを残す