ディーゼル車で最速

20140503-141834.jpg

英国のメーカー、Tridentがディーゼルエンジン搭載のスポーツカーを計画していると発表したのは2006年のこと。以来、数年置きにプロトタイプがショーでお披露目されてきたが、ついにその市販モデル「Iceni」の発売が発表された。
Tridentが “世界最速で、最も燃費効率のいいディーゼルスポーツカー”と謳う「Iceni」。外観は堂々とした英国流の伝統的なスタイルを踏襲し、その内部には最高出力395hp、最大トルク96.8kgm を発生する6.6リッターV8ターボディーゼル・エンジンと6速オートマティック・トランスミッションを搭載している。メーカーによれば、0-60mph加速は3.7秒、最高速度は190mph(約305km/h)を超えるという。満タン時の航続距離は平均2000マイル(約3220km)で、鉱物油でもバイオディーゼルでも走行が可能だ。

Iceniの価格は9万6000ポンド(約1660万円)だが、オプション価格が1万1300ポンド(約195万円)のパフォーマンス・パックを装着すれば、最高出力は430hp、最大トルクは131.3kgmに。これでも満足できないという人には、最高出力は660hp、最大トルクは145.2kgm となる3万875ポンド(約530万円)のトラック・パックがある。これはコルベット「Z06」のパワーを超え、トルクはZ06のほぼ倍という恐るべき数字だ。また、トラックパックを選択すると、ブレーキはカーボンセラミック製になるという。

上記の他にもプレミアム・パックとラックス・パック(Lux Pack)がオプションとして用意されている。ボディースタイルはロードスター、ファストバックの「Magna」(上記の写真)、シューティングブレークの「Venturer」の3種類。

米国での販売も決定しているそうだ。

コメントを残す