やっと登場したシロッコ

2014vwsciroccorgeneva

 

2008年に初めてデビューした、落ち着いたフェイスとロー&プロポーションで我々を虜にするフォルクスワーゲンのシロッコ!!

そのフェイスリフトバージョンが現在開催中のジュネーブモーターショーで初披露されました。

今回フォルクスワーゲン社は同社のエンジンのラインナップを完全に刷新しました。

レンジではベースとなる1.4ℓTSI4器筒ターボから、「シロッコR」に搭載される280pの2.0ℓのターボまでとなっているみたいです。

さらに!!フロントとリアのライトが新しくなり、インテリアの素材も変更されました。

その他モデルに合わせて17.18.19インチのアロエホイールが用意されています

次期型モデルに関しては、現在開発中と伝えられており、今回の魅力的なリフレッシュは、その登場までしばらくの間、関心を引き寄せるためには十分な内容と思われます。

コメントを残す